プレミアムダイニング 〜食事〜


e0078274_04333.jpgマゼランズ入り口です♪

ここで予約の名前を告げると、まず店内のクロークへ案内されます。「店内座席との間が狭いので、貴重品以外のお荷物をお預かり致します」初参加のアタシにレディバックの用意なんぞあるわけなく、恐縮しつつデカバックを持って行くことに。。(足下に置けば大丈夫でした。)
その後お会計。「おれんぢ様は初プレミアムダイニングですね。」やだ〜ん、もうバレてるのねー。(当たり前)

e0078274_010428.jpgコートも荷物も預け、身軽になりました。
いざ隠れワインセラーへ!

ウェルカムドリンクを楽しみながら、支配人の挨拶が始まりました。デリシャスデイズから数えて、今回が記念すべき10回目の開催だそう。(んまっ、光栄☆)18人中7人が初参加。これはめずらしい数字だとか?いつもはリピーターさんが多いらしい。。

e0078274_0233847.jpge0078274_0241525.jpgBread
•フランスパン
•コーンパン
•五穀パン
(画像ナシ)

写真左:左がワイン、右がお料理のメニューです。ソムリエとシェフのサイン入り。
写真右:ドナルド発見!!(わかりますか?)溶けなければお持ち帰りしたい!バター。
ソムリエカオールの手作りの型だそうです。型…欲しい。。

e0078274_23502223.jpgAmuse-Bouche(アミューズ・ブーシュ)

前菜と間違えました。(苦笑)
左から
•白身魚のフライに大葉
•アン肝
•白海老+キャビア

e0078274_030636.jpgFour Fish CARpaccio with Greens
(4種の白身魚、サラダ仕立て)

左から(中身)
•カレイ(大根)
•ヒラメ(芽ネギ)
•ハタ(白髪ネギ)
•鯛(長芋)
ソースは荒塩・梅・ゴマ・バルサミコからお好みで。
フランス料理なのにお刺身とは!白身魚もそれぞれ味が違うし、中の野菜でもソースでもいろいろ楽しめる一品。ダンナは荒塩で鯛。アタシはゴマでハタが気に入りました。サラダが入ってる茶色の器、コレがまたおいしいの。

e0078274_0403118.jpgSoft Roe Flan(白子のフラン)

洋風茶碗蒸しです。(笑)軽く素揚げした白子はウマイ!外はカリっ、中はフワっととろけそう♪フランと合わせるとまた食感が違って、これもイケる。。
フランと茶碗蒸しの違いは生クリームだそう。
キャストが教えてくれました。
えぇ、もちろん知りませんでしたとも!

e0078274_0472416.jpgRascasse and Sebaste a la Nage
(カサゴとメバルのア・ラ・ナージュ)

付け合わせの野菜は行者ニンニク、うるい、のびる。
このソースを楽しんでもらう為に通常マゼランズでは使用していないスプーンを準備したそう。濃厚なクリームソースなんだけど、魚のダシが効いてるから、コクがあっておいしい。確かにパンをつけて楽しむのではなく、ぜひスプーンを使ってスープを楽しんで下さい!って感じ。一摘残らず飲むのって…難しかったワ。

e0078274_05436.jpgCherry Blossom Granita(櫻花のグラニテ)

この時期になると櫻のメニューはよくみかけるけど、おいしい物に出会ったことはなく、苦手な味でもありました。しかし。このグラニテ、サッパリしてすんごいおいしい!さっきの濃厚なソースをすっと消してくれます。
…お替りしたい。

e0078274_0563631.jpge0078274_05724.jpg
Roasted Japanise Beef with Spring Vegetables served with Gravy and horseradish Cream
( 特選和牛のロースト、春の温野菜添え グレイヴィーソースとホースラディッシュクリーム)

途中で挫折しそうになるくらい長い名前です。メインはシェフ自ら切り分けてくれます。
久しぶりの肉です。よーく噛まなきゃ!と思う暇もないほど柔らかいです。すーっと口の中で消えて行きます。温野菜はジャガイモ、ゼンマイ、たけのこ。たけのこの食べ方がわからず、ダンナにコソコソ。途中までナイフが入ってるので、あとは自分でカットするだけ。なーんだ。たけのこの右下にある白いソース、わかります?サワークリームだと思ったらマスタード!初めてみました。ピリリと辛いけど、お肉に合います。さすがだ。

そうそう!テーブルに着いた時ナプキンは“たけのこ”形でした。(写真がブレて載せられません。。)

e0078274_111033.jpgDessert Medley(デザートメドレー)

•イチゴのミルフィーユ
•火山をイメージした綿菓子とアイス
ミルフィーユの皮は一見パイ生地なんだけど極薄で食感も違った。ディナーの後のパイ生地は重いからかな?綿菓子はプロテウス火山の噴煙をイメージした物。綿菓子が見えない?すいません、早く食べたかったのか、ブレブレでしたの。しつれ。シェフが言うには「アイスとはちょっと違うんだけど、アイス。」なんじゃそりゃ?確かにアイスのようなヒヤっとした冷たさはない。食べやすい冷たさなの。綿菓子だけでもヨシ。アイスと食べてもヨシ。やっぱデザートは別腹よ。

Coffee or Tea  コーヒーまたは紅茶

e0078274_1184457.jpge0078274_1182721.jpgPetuts Fours
(小菓子)

•ブラウニー
•揚菓子
•クッキー
え〜?もうデザートは堪能しましたってばぁ。
「お菓子を少しずらして見てください。」と支配人。
あら♪リズム・オブ・ワールドのミッキー!!
プレミアムダイニング用に用意された400枚限定のプレート。
お土産として新しい物がもらえます。(クロークにて)
小菓子を楽しんでる間にシェフ・ソムリエと記念撮影。
ポラロイドは1人1枚ずつ、メニューの裏に貼ってくれるので記念になります。

キャストに見送られて外に出ると『ブラヴィッシーモ!』が…始まってる…?
5時過ぎに入ったから…所要時間3時間!
人混みを見て、我に返りました。「そうだっ、ここ、シーだった!」
時を忘れて楽しんだ証拠ですね。
ワインはまた別に書きま〜す。
[PR]
by eparg | 2006-03-06 01:49 | Disney!