ブログトップ

日々是おれんぢ

嫌な思いも勉強のうち?

「Dubleve」(デューブルベ)に行った。
セミオーダーと聞くと、敷居が高いけど、6月末まで初回限定のキャンペーンをやっていて、
既製品を買うのと変わらない。これは悩みを解消するちゃーんす!
(誰でもそうらしいけど、左右の大きさが結構違う。)

ホームページには 【ご来店はご予約いただくと便利です】
なるほど!そうだよな!オーダーだもんね!早速電話よッ。

所要時間:1.5時間。
朝一の受付は10時、次が11時半なんだそう。
10時は無理だけど、その後も予定あるし、できれば11時がいいなぁ。

「当日ご来店のお客様がいらっしゃられなければ
お早めにお受けできるよう、スタッフに伝えます。」



む?え?10時のお客さんはいないわけぇぇぇぇ??
だったら、アタシが11時でもいいんぢゃ!?



予約をする=購入意欲がある。のに、
当日のお客を優先しようとするのが不思議。
ここで感じた「?」を優先すべきだったのね・・・。


ワコールには他に「見た目年齢マイナス5歳」を謳ってるブラがあって、
そっちも気になっていたの。
でも、既製品なのにお値段が・・・。
(あぁ、許可を出さなかった自分が悪い。←ダンシャリアンならわかる。)



-当日-

店舗に行った瞬間
(この人、ダメだ・・・)またしても直感。
覇気が全く感じられない。名前を言っても「お待ちしてました」の一言もない。
下着売り場なのに、その人の胸元はきれいじゃない!
致命傷だろ・・・。



お客様シートを書いて、いきなり採寸。
(HPには商品選びやコンサル、と書いてある。)
まずアンダー計る。次に底辺の周径を測定。(トップは計らない)
で、仮ブラ試着。左右のカップが違うんだよね。左:フルカップ、右:3/4カップ。
「痛いですか?」と聞かれても、「痛いような気がします」としか言えない。
「でも、サイズ下げるときついし、大きいとゆるいし」
・・・これしかないんじゃん・・・。


なんとか採寸・試着終了。デザイン選定♪


「キャンペーン見たんですけど・・・」

「あ、じゃ、これです。」 
終了~。


「パッド入れ、作りますか?」 「必要・・・ですよね?」 「そうですね。」
(じゃ、聞くな。聞くなら値段も言え。有料¥630)
「パッド入りますか?」 「・・・おいくらですか?」 「えぇっと・・・」
(ここに来る客は料金を聞かないセレブばかりか?)



全然ノらないオーダー、試着中ため息が出るほど。
今思うと不快を感じた時点で断ればよかったんだと思う。
予約したんだし、せっかく行ったんだし、オーダーが安くできるんだし。
このチャンスを逃してはもったいない!と思ってた自分がいる。
まだ売買は発生してないのだから、お断りしてもいいんだよね。
「アタシだったらサー」ダンナにグチる。
「やっぱり嫌な思いをしないとさ~、







人間って成長しないよね。







良いことからは学びは少ないよ。」



家に釈迦がいます。
[PR]
by eparg | 2011-06-26 12:43 | だって欲しいんだもんッ