ブログトップ

日々是おれんぢ

健康ってナニ?

ごーるでんですね。
10連休ですよ、奥さんっ!!!


なーにーしーよーーーーっ♪


がっ!ダンナはカレンダー通り。今日は休日出勤ときてる。
だから、ブログを更新してみたり…。
腹の肉減らしにヨガ行ったので、昼飯というカロリー注入。(意味なし)



今日のタイトル見ました?
この内容、ずっと書いては消しを繰り返してて。
今日もうまくまとめられる自信は全くないけど、思いついたまま書いてみようと思いマス!



母は薬をラムネのように飲む人だった。
偏頭痛持ちでひどくなると吐き気を伴う。
だから“痛くなる前に”飲むのが当たり前。
アタシもその影響のせいか常備薬を持ち歩くのが常。
最近はお守り代わりで飲む回数はぐぅーんと減ってるんだよ。


前から『死ぬまで元気でいたい』と思ってた。 ※長生きしたい、じゃないよ。
誰かの世話になりたくないし、病院のベッドが最後なんてヤだし。
昨年7月のバリで初めてお腹を壊した。帰国後、胃腸科に行って薬を出された。
今年1月のバリはお腹を壊さなかったけど、帰国後、下痢を伴う風邪の症状が出た。
また同じ胃腸科に行った。今度はバリのことは言わなかった。


出された薬が全く同じだった!


風邪に効く薬はないと言うけど、微熱とかだるいとか問診で答えたのに、
薬が同じって…どーゆこと!?
まぁ、聞いてる側からパソコン打ち始めて、どんどん症状を決めてる風だったから、
その医師に問題があるのだと思うけど、初めてキョーレツに西洋医学に対して


おかしいんじゃね? と思った時だった。


その後、体調不良の原因は花粉と判明したから、ヘタに薬を処方されなかったのは
かえってラッキーだったのかもしれないけどね…。
 


マクロビやってみたけど、料理が好きでないから続かない。
バリまで行ってアチューメントを受けたレイキや
沖縄で受けたバランシングチャクラ。
学んではみたものの己の力に自信がない。
(※師匠はとても立派な方です)



ジャンクフード大好き!アルコール大好き!
(体を)冷やす食材も大好きーーーーっ!



そんなアタシが『健康』なんて口にしちゃいけないのかもしれない。


だけどさー、こんなに医学が発達してるのに、なんで病人は減らないわけ?
大学病院の待合室なんて舞浜の某リゾートより待つよ。
母が1年過ごせたのは西洋医学のおかげ。それは間違いない。
でも、それが全てじゃない。
足りないところを補える何か、、、ないのかな?
不摂生大好き!なアタシでもトライできる何か。
身の回りのちょっとしたことを気をつけたらできること。
何かあるんじゃないのかな?
そう思い始めた。


最初のトライとして、ダンナをアロマに誘導してみた。
彼も対人関係で疲れてたし、いい機会だと思って。(笑)
元々リラックス効果のある香りを使ってたし、
バリのスパはオイルを選ばせてくれるから、受け入れやすかったみたい。
アロマって女性のイメージだけど、作り出す(=プロダクト的)ところは
男性にも向いてるんじゃないかな。
効き目もわかりやすいし、すごく楽しそうに本読んでるよ。



アタシのトライについてはまた明日〜。
[PR]
by eparg | 2013-04-29 13:55 | ザ・健康