ブログトップ

日々是おれんぢ

好きだから ゆえに 残念。

アタシはTRUCKが好きだ。
家具の持つ雰囲気も
ご夫妻の人柄も(個人的な付き合いはナッシング)

お2人の存在を知ったのはLEEの特集で。ずいぶん前になる。
すげー人が世の中にはいるもんだと驚いた。
壁をはがし、ペンキを塗り、自分達の住まいを自分達の手で作っていた。
多少の不自由も「ま、ええやん」とためらいもなく受け止めちゃうところが
全てが揃わないと不安になるアタシには衝撃的だった。
「かっこぇぇぇぇぇぇぇ」

しかし。家具なんてそうそう買えるもんではなく。
TRUCKの商品やお2人が出てる雑誌を見つけると買う。
まさしく家具を目で楽しんでいた。
そして、家を買うことに!
何より先に手に入れたものはTRUCKのカタログだった。
(カタログはコチラで。→SLOW TIME

「大きな買い物だから実物も見なくっちゃね!」と恵比寿(展示会)に行き、
「混んでて、よく見れなかったね。。」と大阪へも行った。

家が出来上がる頃、テーブルもできあがる♪

が、予想を反して家が早くできちゃってね。。
ダメ元で交渉してみるダンナ。
「テーブルは難しいけど、イス類は先に納めることができるかもしれません。」
しかも送料は向こう持ちと言う。んまー!太っ腹。早まったのはコチラの問題なのにねっ。
「(納期は)連絡します。」と言ったまま連絡が来ない。。
しびれを切らして、住所が決まった(口実)と連絡してみる。
「もしかしたらテーブルも可能かもしれません。来週まで待って下さい。」
うおー引っ越しに間に合うかも!?・・・連絡来ず。
引っ越しも終わり、段ボールにあふれたダイニング(予定場所)を見て
(当分テーブル来なくてもいいかな・・・)と思った頃
「テーブルができあがるのが○日なので、それ以降なら納品できます。」

へ、へぇー・・・。

結局、当初の予定より1週間早まっただけだった。
いや、もちろん、こちらの都合で変更したんだから、それでも十分ありがたい。
でも、計画を明確にすることはできるハズ。
ダメならダメとハッキリと。その旨を告げる連絡もしっかりと。
それまでの対応はダンナに任せていたので、言い方が悪かったのかな?と思ったり。
搬入に関して、いくつか質問をしたんだけど、
「確認します。明日回答します。」と言ったまま、1週間経つ・・・。


ダンナよ、おまへを疑って悪かった。
[PR]
by eparg | 2007-06-19 09:33 | おれんぢのYeah!!