ブログトップ

日々是おれんぢ

最後は担当者次第。

先月末、TRUCKの家具が納品になった。
お願いしていた『養生』について、正式な回答はなかったので、
当日まで心配だったけれど、配達担当者に伝わっていたので安心・・・
したのは一瞬で、何って言ったらいいんだろう。。
挨拶をした時「あ、なんか不安。」と感じちゃう二人だった。
これも自分で招くのか?イヤな予感は的中し

「組立は聞いてない。」 → 納品書に書いてある。
 
「ネジがない。」 → 箱に貼り付けてあるのを見落とし。

そのたびにTRUCKに確認。
(細かいことを言うようだけど、その電話代もウチ持ちなんだよっ。)

挙句の果てには
「養生は聞いてるけど、するところないよねー?」と作業を始め、
段ボールでしっかり傷をつけてくれた。
その瞬間を見ていたダンナはすぐさまクレーム。
最初はとぼけられたが「見てたんですけど!」強気に出ると
「あとで営業をよこします。」と帰って行った。

TRUCKから確認とお詫びの電話。
輸送業者決定まで紆余曲折あり、やっと今の会社に落ち着いたこと。
養生について連絡したこと。
すごく丁寧に説明してくれた。
電話回答がなかったことでTRUCKに対して信頼を失いかけていたけれど、
回復した感あり。
切るとすぐ大阪で荷物を引き受けた運送会社からお詫び。
この方もとても丁寧な人だった。
で、一番遅れて当日担当した営業所の方。
腰は低いけど、社風(同じ会社だから所風?)を感じたね。
大した傷ではないけれど、今回はしっかり費用を請求させてもらった。(クロス代)


いろいろあったけど、今では夫婦語らいの場となっとります。
e0078274_10251620.jpg


ありがとう、TRUCK。
[PR]
by eparg | 2007-07-10 10:25 | おれんぢのYeah!!