ブログトップ

日々是おれんぢ

カテゴリ:マネキン母( 45 )

はろー、元気ですか?

アタシは元気です。
最近プールに通い始めて、帰りに併設の物産センターで買うポップコーンにハマってます。
そこのタクワンも古漬け系でおいしいの。きっと気に入ると思う。
片道40分だけど、趣味がない夫婦には気分転換ドライブです。

趣味がないと言えば。結婚式でその見た目からか?
「何の取り柄もない」と親戚から言われまくったダンナが、
アロマに目覚めて、今、我が家はちょっとしたプロダクトになってます。
化粧水、乳液、クリーム、美容オイルでしょ。
ルームフレグランスに消毒チンキ(←使い方、知らん)、
手の消毒ジェルまであるんだよ。すごいでしょ。
面倒なのが「ウンチクをきくこと」だけど、
作ってもらってる以上仕方ないよね、うん。
ちゃんと聞いてるフリしてるから大丈夫。

モイも元気だよ。相変わらずの番長。
でも、最近アレルギーっぽくて、ガラにもなく手作りフードとかしちゃってる。
ドッグフードに野菜とか混ぜるだけだけど、食いつき抜群!
うん子は立派なんだけど、まだ肌が赤いんだよねー。
ダンナ曰く「飼い主に似てる」
…番長だけど、ナイーブって言いたいのかしらね。


「いつも近くにいます。今も」って、よく言われるけどさ、
モイもよく何もないところを見てるから、
あ~来てんのかな~と思ってる。
来たついでに掃除してくれるとうれしいです。
ところでさ。
アタシの宝くじ、いつ当たるのかな?
そろそろ当ててくれてもいんじゃないかな~。
次は年末ジャンボかな?よろしくお願いします☆



あのね、何度もリクエストされたけどさ、この時期やっぱりかき氷はないよ。
ナポリタンも調達できなかった。
今年は登利平だね。あ、栄寿亭が良かった?

9月からカレンダー見ては「あ~」と思い、
ダンナの誕生日を過ぎるとさ、どーんとくるんだよね。
仕方ないよね。まだ2年だもん。
冷たいアタシはつっかかってばっかりで、
今は後悔しまくり。バカ?
会ったら「ありがとう」より「ごめんね」の回数が多いけど、
でも、やっぱり

会いたいよ。お母さん。
[PR]
by eparg | 2013-11-19 18:56 | マネキン母

友の優しさに改めて気づく。

わ〜立派なブドウ!
e0078274_710401.jpg

お礼メールを送ったら
「お彼岸に間に合わなくてゴメンね」


T^T



思わず前の携帯見ちゃったよ。
2年前の今頃はまだ元気でした。




彼女自身も病気をして、とんと会えてない。
それでも忘れず、気使ってくれる優しさに涙・涙。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。
[PR]
by eparg | 2013-10-18 06:55 | マネキン母

やることもりもりだくさん。

四十九日は魂があの世に旅立つ日だから、
法要はしなければいけない。らしい。
三十五日以降であれば、四十九日の法要になるらしく、
それは三十六日でも三十七日でもいい。らしい。
三十六日がイブ。三十七日がクリスマス

そして、年末。


・・・・・・・・お母さん、忙しいです・・・・・・・・・・。



年内は一緒にいたいと思うし、
ニューイヤーと箱根駅伝は見せてあげたいと思うので、
四十九日は年明けにしよう、そうしよう。



【やるならやらねば】
○墓石屋に戒名彫りと納骨の依頼。
 →間に合うのか!?
○住職の予定確認
○本位牌の手配
 →これも間に合うか心配
○参列者への連絡、人数把握
○食事場所の手配
○引き出物用意



家の片付けもままらないのに、予定がせまってるーるーるー。
祖母が亡くなった時、母はこれを一人でやったんだね。
(祖母の位牌をどこで作ったかもしらない役立たずな娘です)
だから、アタシも一人でやるしかなーい。



諭吉様も大勢旅立ちます・・・。
お母さん、ボーナス狙ったね?
[PR]
by eparg | 2011-12-05 15:23 | マネキン母

現実が受け入れられない。

つい最近あんなこと書いていたのに…。

7日の面談はお先真っ暗な内容だった。
でも、最後の望みを母自身に託し、翌8日に先生と直接話す機会を作った。
母が選んだのは抗がん剤。
10日に血液検査をして、結果が良ければ当日。
ダメなら翌週の14日に再検査で投与、の予定。


その10日の朝、急変。


先生から告げられたのは
「もう(治療は)無理です。」
放射線は途中だったけどあまり効果が出ず、
抗癌剤は栄養状態が悪く、投与できる状態ではない。
ステントは器具であって、治療ではない。
今の状態で入れても、全身麻酔に耐えられる体力がない。
また、金属の場合、違和感と痛み、咳が多くなると外科医の見解。
シリコンでは母のガンに耐えられないだろう。

「このまま眠らせるしかないです。」


(やっと音楽まつりのチケットが確保できたのに!!!)




モルヒネと鎮静剤を24時間投与しています。
でも、ずっと眠ったままではなく、定期的に目を覚まし、意識はある。
会話もできるけど、気管が完全に塞がっていないので(疲れるから)筆談が多いかな。
昼間の苦しみから開放された母は
「あー生きてるんだ。生きてる!生きてて良かった!」
途端に食欲が出て、あれこれ食べ始め…
「たくさん食べて、治療を頑張るよ」
そして…
「ステント、いつ入れるのかな?今日、リハビリの先生来た?」
とっても前向き。


(もう治療はしないんだよ。このままなんだよ。)



今日は午前中仕事して、午後から病院。
「先生来たんだけどね、ずっと寝てていいって言うの。
なんで?リハビリ、がんばりたいのに。」


鎮静剤の量が0.5から0.8に上がったせいか、それとも体内に蓄積されてきてるからか、
昨日より目がとろんとして、眠くて仕方ない様子。
何度も何度も同じことを言う。
今朝のことが思い出せない。おかしいと不思議がる。


(それは薬のせいなんだよ。)


「昨日の苦しみに比べると、天国にいるみたい。
昨日、母は死んだ。でも、今は生きてる。良かった。」



医師は事態が好転することはないと言う。
今までのことを考えると、手を尽くしてくれたと思う。

物理的に難しいことは【頭】ではわかっている。
先に述べたように、考えられる治療はやってきた。
もう残された治療はないのだ。
食事を摂れないのも、血液検査の結果も栄養状態も
母の気持ちでどうにかなる問題じゃない。
全てはガンの進行がそうさせている。
猶予なんかないんだから。


でも、気持ちがついていきません。


前向きに生きようとしてる人に対し、
治療を諦めるなんて見殺しにしているんじゃないだろうか。
本当にここで諦めてしまっていいんだろうか。
アタシはどこで選択ミスをしたんだろう。


母が人格を失っていく様を見るのは辛い。
そうだな…わかりやすく言うと、痴呆症の初期症状のよう。
それはすべて鎮静剤のせい。
眠らないと呼吸が苦しくてまたパニックを起こしてしまうから。
母の恐怖が体を過剰に反応させてしまうから。


薬を止めて下さいって言おうかな。
でも、今だって咳は止まっていない。
見た目にはかなり苦しそう。
止めたら(意識がはっきりしたら)またパニックを起こすよね。
だって、ガンの治療は何ひとつしていないんだから。
でも。
でも…
でも!モルヒネだけでどうにかならないかな…。


あのサイボーグでさえも
「多少の無理はあっても音楽まつりに行った方がいいんじゃ。」


先生と話をしようと思ってたのに、午後から学会だそうで。
話せるのは日曜の夕方(当直らしい)
その前に看護師さんから連絡してもらおうかな…。
[PR]
by eparg | 2011-11-11 23:59 | マネキン母

追伸

さっきの記事で

「おれんぢさん、冷たい」と思ったアナタ。

甘いです!



今日の母からのメール。


題名:まだ怒ってますか。(T-T) ←実際は号泣の絵文字ね。

「ん?少しはわかったのかしら・・・」と思ったアタシも甘い)


本文:



白菜(漬物)のフタが飽きません。

納豆お願いします。

 いつ死んでもいいんじゃ・・・?






ね、甘いでしょ。
[PR]
by eparg | 2011-11-07 14:34 | マネキン母

親を泣かす。

その日、アタシは朝から機嫌が悪かった。
やらなきゃいけないことがたんまりあるのに体は動かないし、
病院は行きたくないのに、行かなくちゃいけないし。
「~せねばならない」(←懐かしい表現ね?)が多くて、自ら負のスパイラルに突入。
そこへ母からメール。
まずは病状報告が。(今日は悪いらしい。)
続いてすぐメール「○○がない。」、またまたメール「○○が欲しい。」
せっかくの休みなのに今日も母のことで1日が終わるのか。。ブルー度Max!
さくさくと洗濯を干すダンナを見てイライラする始末。
(ありがたい、とか全く思わなかったな)
あぁ、そうね、これが八つ当たりってやつね。


ようやく朝兼昼を食べ、前から母が食べたがっていた餃子を焼き、
幼稚園生か!ってくらい小さい弁当を作り、
モイ様を近所のホームセンターへ連れて行き、足回りの処理だけお願いする。
一旦家に帰り、モイは留守番。
昼に合わせて病院へ行く。が。頼まれた物を忘れて途中で買出し。
車を止めて、降りて、買って、、この動作も面倒クさっ。


そんな気持ちで病院行ったって、
母に優しくできるハズもなく、会話もトゲトゲしくなる一方。
バランスよく作ったつもりの弁当も餃子以外は口にせず。
(っつーか、娘が料理嫌いなの知ってんだろ!完食しなくても、一通り口つけるのが礼儀だろ!)
一旦は見送った「緩和治療」について、もう一度噛み砕いて話してみるも
「そんなの○○先生(主治医)で十分じゃない。」
全く考えもせず答える母にまたイラっとする。

「だーかーらーっ!!
先生は外来も診て、救急の担当でもあって、
お母さんみたいに入院患者も担当してるでしょ。
話がしたくても“病室に来てもすぐ行っちゃう”っていつも言ってるじゃん。
患者の悩みとか治療に関する不安を聞いてくれるのが
緩和の先生だったり看護師さんなの。」

「ふ~ん。」(やっとわかった風)



全て人(娘)任せ、不安があっても自ら先生に聞こうとはしない。
今まで何度となくしてきた面談も母の口から「私も(聞く)」なんて言葉は1回もない。
食欲がなければ「吐くよりマシ」と言って食べない。
栄養状態が悪いから少しでも摂取してくれといわれてるのに。
実習に来てる学生が母の栄養に関してレポートをまとめてくれたのに
全く目を通していない。
「この薬、何かな?聞いてみて。」「また抗がん剤が伸びるのかな。先生は何って?」
24時間病院にいるのはお母さん、あんたでしょーっ!
アタシは医師でも看護師でもないッ。わかるかっ。
本当に治る気あんの!?




「呼吸が苦しいから毎日が精一杯で
他のことが考えられないんだよ・・・もういいよ。
どうせ全部お母さんが悪いんだよ。」



泣き始めたーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!


「お母さん、ごめん。」 なんてアタシが思うわけないじゃん?


アタシにも弟にも嫌がられてもガンと聞き入れず、1日2箱もタバコを吸い続け。
去年の春から病院行けって言い続けたのに行かず。
強行しようとしたらウツだとウソついて、ほっといたの自分じゃん。
病院や市役所の手続き、全ては人任せ。
退院して少しでも動けるよう・・・家を片付けたら嫌がられ。
その原因がアナタ以外の誰にあるって言うんだい!?
 
 とはさすがに言わなかったけど。
(うわ、めんどくさっ・・・)黙っていたワケです。



それを涙の効果があると勘違いしたのか!?


「もういつ死んでもいい。」



かっちーーーーーーーーーーーーーーーん。(怒)






「あ、そう。

看護師さんや先生の世話になってアタシの口からはとても言えないから

月曜日、面談で直接言って。」

病室を出ましたとさ。


以上、土曜日の出来事。
まさか娘がそのまま帰るとは思わず、
アセったのだろう母はすぐさま謝罪メールを2通よこしたが、返事せず。


母の言葉はアタシのイライラが言わせたものかもしれない。
でもね。
もう疲れたーーーーーーーーーーーーー。



今日、面談です。
[PR]
by eparg | 2011-11-07 13:04 | マネキン母

無謀な挑戦。

再来週、自衛隊音楽まつりがある。
母を連れて行こうと思ってる。ムボー?
それを踏まえて、気管も閉じた。
と言っても、縫合せず、自然にふさがるのを待つんだって。
 待つ余裕なんかないんだけどね?>先生

課題は山ほどある。
自力で立てない。食欲もない。血圧も上がらない。
(安定してる時で上が98くらい。ひどい時は50台だった。上が、だよ)
2回目の抗がん剤の予定が組めないほど栄養状態悪し。
トイレはいまだオムツだし、車イスには長時間座っていられない。
動くと咳き込むからリハビリは進まない。
ナイナイづくして、書いてても不安になるけれど、
本人が行きたいなら、それに添うのみ。



次に発作(ではないけど、呼吸困難の症状ね)が出たら
人工呼吸器はつけない。有効な治療がないから。
抗がん剤の治療中であっても、進行が見られるのなら、効かないということ。
それ以上やっても意味がない。
ステントを入れる可能性もあるけど、種類があって。
体に優しい柔らかい素材では、母のガンは大きいから、期待した効果を得られない。
となると金属ステントなんだけど、金属だけに違和感があるらしく、
それは痛みとなる可能性もあるそうだ。
先生の話の中では抗がん剤をやって、放射線をやって、
それでもダメなら~(ステント)という感じだったけど、
(春?みたいな感じで話してた)
アタシはそう遠くはないと思っている。



来週、また面談らしい。まー、ホントよく呼ばれますわ。(笑)
でも、ちゃんと説明してくれるのはありがたいデス。
先生も仕事を考慮してくれて、今回は夕方の面談。
前向きな話だといいんだけど・・・。
[PR]
by eparg | 2011-11-04 14:10 | マネキン母

いつも一人。

看護師さんに
「いつもお一人ですけど、大丈夫ですか?」
同情されたおれんぢです。

へへ、ブログ更新しない間にいろいろあってねぇ。

この前、橋本病と診断された直後に今度は子宮筋腫が発覚。
要精密検査って言われてもさ、今は自分のことで休めないんだYO!
10月からサンキューの手伝いで新潟行くことは自分で決めたから
仕方ないけど、栃木も増えるとは予想外。
ずーっと「仕事ヒマだな~」と思っていたのに、
このタイミングで忙しくなるとはNE!
予想外って言ったら、ダンナが夜勤から日勤になっちゃって。
毎日夕飯作るのも予想外。(e?そこ?笑)
休みが土日になったのはいいけど、モイの留守番は増えた。
どんな時も番長な彼女もアタシに似て?結構ナイーブなの。
犬調崩して、げりげりげりっぴ。で、病院通い。
ま、一番の予想外は



母が死にかけた。 ことでしょうか。



放射線治療が始まっても、母の病状は悪化するばかり。
とうとう先月の23日に呼吸困難に陥り、緊急呼び出し。
「人工呼吸器をつけますか?もしくは麻酔で眠らせますか?」
(麻酔で眠らせる=死を待つ)
まだ使える抗がん剤が残っていたし、弟は連絡取れないし、
少しでも望みがあるなら・・・と人口呼吸器を選んだ。
初めて病院に泊まったんだけど、
看護師さんの激務ぶりに自分の辛さは吹き飛んだワ。
んで、まさかの気管切開。ふ・た・た・び~。
病院てね、分業制だから。担当医が治療の方向性を決めるでしょ。
次は外科医、麻酔医、とまー面談続き。そのたんびに半休。(涙)
そんな矢先に看護師さんから言われた言葉が冒頭。
母は一人っ子だし、親戚は仲悪いし、
連れ合いは2人とも他界、弟は都内とくりゃ、残るのは娘のアタシのみ。
しゃーない。

でもね。
「あーもうダメだ。」「しんどい」「諦めた方がいいのかな・・・」
壁にブチあたって、壊れそうになると
誰かが手を差し伸べてくれるんです。不思議。
「久しぶり!ランチしよう!」
「バリから帰国したけど、会える?」
「イベントがあるけど、参加しませんか?」
「いつでもモイちゃん預かるよ」
高校の恩師から突然電話があったり。
後輩が心配のメモをつけてくれたり。


ほんと、皆さんグッドタイミンぐー!なので、
・・・見てんの?と思います。



だからね。
アタシは1人じゃない。
ありがとう。
[PR]
by eparg | 2011-11-03 13:56 | マネキン母

放射線治療開始。

始まりました。
母の胸には大胆なマークが。
なんか痛々しい。
しかし
「放射線ってなんともないね。
ピっとか音もしないし、(痛みも)全然ないんだよ。
本当にやってるの?って思っちゃう。」

何もないのが何よりです。


母の状態はあまり良くない。
入院したのが6日、治療が始まったのが13日。
小細胞ガンは悪性度が高く、進行の早いガン。
この1週間で、かなり進んだのでは?と思う状態。
(どうして1週間先だったのか?・・・今度聞いてみよう)
一度咳き込むと止まるまでに時間がかかるし、
呼吸もかなり苦しい様子。
日曜日辺りから極端に食欲が落ち、
今はほとんど手をつけないこともある。
「食べたいものは?」 「何もない」
「食べれそうなものは?」 「ない」

このままではおかゆからおもゆになり、
ゼリーになり、ムースになり
点滴、鼻から入れる栄養となっていく可能性もある。
まるでそれはICUの頃へ戻っていくようだ。
昨日は水・お茶の他、口の中で溶けやすいクッキー、ポタージュ、ワンタンを持参。
残念ながらアタシの前で口にすることはなかった。


放射線の効果が現れるまで2週間前後かかる。
今のままでは体力・気力落ちていく一方。
最近まで太る心配をしていたのが、今度は食べない心配。
無理強いもストレスになるし・・・どうしたもんか。。
[PR]
by eparg | 2011-09-16 13:08 | マネキン母

面談の結果

放射線治療(説明書より)
゜目的
腫瘍の縮小、消失
゜治療方法
外部照射:前後2方向から照射
     週5日(土日祝日は休み)、1日1回 合計25回(予定)
照射線量:1回2グレイ 合計50グレイ(予定)
゜合併症
急性(治療中〜治療後数週間)
 皮膚炎、食道炎(食物がつかえる、しみる、痛み)、肺炎(発熱、呼吸苦)など
晩期(治療後数ヶ月〜数年)
 肺腺維化により呼吸障害(息切れ等)の可能性


照射後数日はいったん腫瘍がむくみ、その後縮小していく。
むくんだことにより、いっそう気管が狭くなるのでは?
「可能性がないとは言えないが、放射線科の先生が決定したのでまず大丈夫でしょう。」
部分照射の予定だが、位置的に食道にも当たってしまう為、食道炎が心配される副作用。
上記の症状の他、もやっとした気持ち悪さが続くらしい。
それを抑える薬もあるが、すごくまずいのであまりおすすめできない。
(飲むことの方が気持ち悪いとのこと。そんな薬作ってどーする)
半分くらい照射したところでCTを撮り、経過を見る。


今後について
治療が始まり、腫瘍の縮小が認められれば呼吸は安定する。
その場合、週末の外泊も可能。
「お母さんも飽きちゃうよね〜」
気管付近の腫瘍については放射線治療を行うが、
原発の腫瘍は悪く言えば放置になってしまうので、そちらの進行が心配。
抗癌剤は併用できないが、放射線治療が終了すれば、すぐ投与できる。
(日を置く必要はない)
照射は10月中旬までの予定。原発の進行がなければ一旦退院。
「1週間くらい気分転換するのもいいかもね。」
次に使う抗癌剤は今まで使った(2種類)中で一番強い薬。
本来は最初に使いたかったが、適合検査をしないと死亡する可能性があるので使えなかった。
(母は適合)
3〜4週間間隔で4回の予定。
進行を始めたことで心配される血栓についても聞いた。
血液検査では「可能性」しかわからず、また箇所の特定も不可能。
また血栓だけではなく、腫瘍自体も飛ぶ。
その場合は抗癌剤が効果があるとのこと。

母の現状
食事:おかゆ(おかずも固形物は少なめ)
行動:動くと苦しいので病室(5人部屋)から出ることを禁じられている。
風呂:こちらも禁止

残念ながらどんどん太っていくので、1,5ヶ月の入院がダイエットになることを望む。
よって、差し入れは極力しないつもり。


行動が制限されるストレスはあるが、月末には症状が改善されると思う。
11月上旬から抗癌剤治療ができれば、また桜が見れるね。
人間の体が持つ可能性を信じている。
[PR]
by eparg | 2011-09-10 20:53 | マネキン母